もしあなたの彼氏が、きわめて一目ぼれしやすいタイプだとしたら、ちょっと危険ですよ。なぜなら、自分の勝手なイメージであなたを愛してきで、しばらくすると、「そんな女とは思わなかった」といって、去っていくかもしれませんから。

心理学には、「一目ぼれしやすい男は、自分勝手」というルlルがありますので、よく覚えておいてください。一目ぼれする男は、決して現実の、ナマのままの女性を好きになるのではなく、自分が思い込んだ女性を好きになっています。

「こういう人に違いない」という勝手な思い込みで愛情を示すわけですから、たまったものではありません。相手をみて一瞬にして恋に落ちるのが一目ぼれですけど、目に入った相手を脳が知覚するまでのスピードは、最短で0・04秒から0・3秒。こんな時間で恋に落ちるわけですから、相手がパートナーとしてふさわしいかどうかなど、判断できるわけがありません。

空の雲を見ると、動物に見えたり、人間の顔に見えたりすることがありますね。天井のシミをみて、食べ物に見えるかもしれません。「一目ほれ」もそれと似ています。だれでも心の中に理想のイメージというものがありますから、その理想のイメージを相手の中に見出してしまうのです。

たとえば、ある男の人がいて、その人が小さい頃には、とても親切にしてくれた近所のお姉さんがいるとしましょう。そのお姉さんと、口元や目元、あるいは声などが似ている女性にどこかで出会ったとすると、彼は、昔の記憶を思い出し、「この人も、あのお姉さんと同じようにやさしい人なのかもしれない」と思い込みます。これが一目ぼれの基本的なメカニズムです。

ます。もちろん、その人と近所のお姉さんは別人なわけですから、性格もまるっきり違います。ですので、男はその違いに気づいたときに樗然として、「そんな女だとは思わなかった!」と怒り出すのです。

自分で勝手に間違えたクセに、それを女性の責任だとするんですから、まったくひどい話です。「あなたこそ、僕が求めていた理想の女性なんだ」と男に言われたら、「いいえ、あなたが見ているのは本当の私じゃなくて、あなたの理想の女性でしょ」と答えましょう。

まだ、深く知り合っていないのに、早急に、あなたのことを「○○の女性」と決めつけてくるような男は、たいてい自分勝手な思い込みが強く、独善的な男ばかりです。

そういう男とつきあうと、理想の女性にしようとして、あなたに無理難題を持ちかけてきますから、疲労するだけです。お互いに一目ぽれで、そのまま結婚というケlスは、現実にはほとんどありません。お互いによく知り合ってから、徐々に、相手のすべてを好きになる、というふつうのプロセスのほうが、結婚にむすびつきやすいのです。