保険相談をおすすめする理由

生命保険で年金をひねり出す

個人年金には終身年金、保証期間付終身年金、確定年金の三つがある。いず
れにしても保険料は割高だ。だからこそ一歳でも若いうちから加入を考えたい。

今や公的年金はあてにならない

日本は今や世界一の長寿国です。さらに、医療技術の発展や出生率の低下によって、高齢化社会がより一層進んでいくと予測されています。そこで心配になるのが、二〇年、三〇年先に私たちは経済的なゆとりをもって生活することができるのだろうかということです。

私たちには公的年金という国からの生活保障があります。しかしこの公的年金も、今ではあてにはならなくなってきました。そもそも公的年金は、国民年金と厚生年金、共済年金の三種類に分けられ、職業によってこの三種類のなかのどれかに加入しています。そして種類、保険料を払っていた期間、年収などによって人それぞれ受け取る年金額が違ってきます。

そのため、年金額がいくらになるかは一概にいい切ることはできませんが、現在五〇代のサラリーマンの平均的な受け取り額は、月額一ニ万?一四万円ぐらいではないかといわれています。どう考えてもこの金額では、ゆとりのある老後を送ることができるとは思えません。ギリギリ生活費が賄えるかどうかといったところでぱないでしようか。

しかもこの平均年金額は、今後良くも悪くも、どのように変化するかわかりません。とりあえず、平成二年四月から受け取る年金額が、五年ぐらいごとに物価の上昇にあわせて増額されるようにはなりました。

しかし、日本の人口のなかで高齢者の占める割合が今後どんどん大きくなっていった場合、この増額が本当にあてになるのか、現在のところ何ともいえない状況です。そこで、最近とくに人気がでてきたのが公的年金を補う個人年金型商品です。そもそもこの商品は、1960年頃に発売されました。しかし、時代のニーズとして一般的に普及し始めたのは、ここ10年前後です。生活費の中心は公的年金からあて、足りない分を個人年金でまかなうという考え方が定着してきたようです。

個人年金は大きく三つのタイプに分けられる

ではいったいいくらぐらいの個人年金に入っていれば安心なのでしょうか。ここでは、夫婦二人の生活費が1 ヵ月にいくらかかるかから見当をつけてみます。一般家庭の平均的生活費は1 ヵ月につき二四万一六三四円となっています( 総務庁家計調査報告)。この二四万一六三四円に余裕を持たせておおよそ二五万円とします。公的年金をかりに一一万円受け取ることができるとした場合、約一四万円の不足になります。

つまり、個人年金で月々一四万円は確保しなければならないということです。では一四万円の個人年金を手に入れるには、どのような保険に加入すればいいのでしょうか。個人年金は年金受取期間、年金受取額、保険料払込方法などによってたくさんの種類があります。

それらを大きく分けると「終身年金」「保証期間付終身年金」「確定年金」の三つのタイプに分けられます。順番にご説明しましょう。① 終身年金― 一生涯にわたって年金を受け取ることができますが、被保険者が死亡すればその時点で契約は終了となります。つまり、長生きすればするほど得という、一種の賭け的な要素が強い年金です。

保険相談をおすすめする

保険ショップをどこで探すことができるか

民間医療保険はそもそも、万が一、病気になったりケガをして入院をしたとき、公的医療保険だけではカバーできないリスクを補うものです。それも特に、お金のリスクをカバーするもの病気やケガに対する備えは、医療保険だけではありませんです。

し力しお金のリスクをカバーする方法は他にも考えられます。たとえば、貯金があれば、そこから医療費の自己負担分を出すことができるでしょうし、親や親戚から援助してもらうこともあるでしょう。さらに言えば、病気になったりケガをしたときに直面する問題は、お金のことばかりとは限見舞いに来てくれたり手助套けしてくれる人がいなくて心細かった」「もっと普段から気をつけておけばよかった」こうした病気やケガに対するいろいろな備えを私は、「医療保障ボートフォリオ」と名づけています。

「ポートフォリオ」とは、元々携帯用の書類入れのことで、それが転じて投資や資産運用における投資対象、運用対象の組み合わせのことをいいます。病気やケガに対する備えにもこの発想を応用し、いろいろな備えを組み合わせるのです。たとえば、医療に関する正確な知識や情報を得るために、信頼のおける主治医を持つ。

不幸にして大病を患ったとき、医師と良好な関係を築き、納得のいく治療を受けるためのコミュニケーション能力や、どのような治療を選択するのか自分で決める能力を身に付けておく。あるいは、困ったときに力になってくれる家族、友人、知人などの人的ネットワークを確保しておく。これらも、とても大切な医療保障です。

「民間医療保険」は、こうした「医療保障ポートフォリオ」の一部に過ぎません。病気やケガに対するリスク、不安をきちんと踏まえ、自分にはどのような準備がすでにあるのか、そこにさらに何を付け加えるのかを検討しながら、「民間医療保険」の必要性や利用法を考えるべきなのです。

お金がないと、病気になったりケガをしたとき大変」とよく言いますが、具体的にどの程度の医療費がかかるのか知っていますか。親戚や知人の、あるいはその知り合いの、「入院して何百万円もかかった(らしいこという話を鵜呑みにし、ちょっと気になっているところに、「医療費負担は何百万円!」と書かれた民間医療保険の広告を見せられ、何の疑問も持たずに民間医療保険にまつしぐら。

でも、ちょっと待ってください。一口に何百万円と言ってもその内訳は何でしょう。その中には差額ベッド料やテレビ使用料などが含まれているかもしれませんし、本当に全額自分で負担したのかどうか、まったく不明です。もしかしたら、大部分は高額療養費として後から戻ってきているのかも知れません。

保険の窓口で相談してきた感想

公的医療保険に自分はいくら払っているのか、特に給料天引きのサラリーマンのみなさんはあまり実感がないかもしれませんが、ぜひ一度、給与明細書で確認してみてください。収入のうちの結構な割合を健康保険料として支払っていることが分かると思います。

しかも、サラリーマンの場合、実際の健康保険料は引かれている金額の約2倍。半額は勤務先の会社が払ってくれているのです。こうした「公的医療保険」への加入は、日本人はもちろん日本国内に一定期間滞在する外国人などにも法的に義務付けられています。したがって、「民間医療保険」は「公的医療保険」の代わりに入るものではなく、

あくまで「公的医療保険」にプラスして、任意で利用するものということになります。しかも、保険に加入する以上、当然保険料の支払いが必要になります。任意で「民間医療保険」に加入するということは、毎月の家計のやりくりの中で、広い意味での医療保険に関する支出がそれだけ増えるということでもあります。支出が増える分、貯蓄など医療以外の目的に使えるお金が減ります。家計全体のバランスを考える必要があるのです。

公的医療保険は、法律により加入が義務付けられているものです。しかし、民間医療保険はあくまで当事者の契約によります。そして、契約ですから当然、契約の要件を満たさなければ保険金や給付金は受け取れません。

保険料を払っていれば、困ったときに助けてくれるというものではないのです。イザというときに、「こんなはずじゃなかった」「えっ、こんなときは出ないの?」とはなりたくないものです。ところが、民間医療保険に加入するに際して、明確な目的を持っている人はあまりいらっしゃいません。「何かあったときのために」「入らないと不安だから」「勧められたから」など、暖味な加入動機であることが多いようです。

また、型加入目的と商品内容がミスマッチというケースも散見されます。病気になること自体が怖くて、その不安をカバーするために民間医療保険に加入したり、一人暮らしであることの不安を民間医療保険に入ることで和らげようとしていることもあります。

まずは、冷静に不安の中身が何かを具体的に考えてみましょう。経済的に不安なのか、病気などになったときに頼る人がいないことが不安なのか。その上で、それらを解決するための方法を考えていきます。このように頭を整理していくと、民間医療保険では解決できない問題が多いことに気づくかもしれません。病気やケガのときに頼りになるものは何か、自分を助けてくれるものは何かをよく考えてみましょう。

保険は相互の助け合いのために生まれたもの

病気やケガをしたとき、保険という仕組みを使って治療費などの負担を減らしてくれるのが広い意味での医療保険です。「保険」というのは、多くの人に偶然起こるリスク(火災、自動車事故など)や、必ず起こるもののそれがいつかは分からないリスク(死亡など)について、多くの人が少しずつ負担し合って、お互い助け合う社会的な仕組みです。

そのため、保険料として支払ったものは個人のものではなく加入者全体の共通の財産となります。ここが貯蓄との大きな違いです。歴史上、現在のような保険の仕組みは、中世のイタリアで海上保険として発展し、その後フランスやイギリスへと伝わり、生命保険や火災保険ができていったとされます。

広い意味での医療保険は、病気やケガというリスクへの備えを、こうした保険の仕組みを利用して提供するものにほかなりません。広い意味での医療保険にはいろいろな分類の仕方がありますが、中でも最も重要なのは、運営主体による区分です。ひとつは、国や地方自治体、あるいは健康保険組合など、法律に基づく公的な主体が運営する「公的」医療保険です。

具体的には、「健康保険」(サラリーマンの人が加入)や「国民健康保険」(自営業の人などが加入)などがあります。公的医療保険は、個人や企業が納める保険料、国の負担(税金)、病院など窓口で支払う自己負担金で成り立っており、また当然、営利を目的としていません。

運営の無駄や制度としての硬直性などの問題もありますが、相互の助け合いという保険本来の趣旨からすれば、最も望ましいあり方といえるでしょう。もうひとつは、生命保険会社や損害保険会社が販売している「民間」の医療保険です。こちらは、営利目的の事業として運営されていますが、民間ならではの創意工夫や市場ニーズへの迅速な対応などが期待できます。なお、全労済やコープ共済など、特定の組合員が加入できる「共済」も民間の医療保険に分類されますが、こちらは営利目的ではありません。

日本に住んでいる人は、必ず何らかの「公的医療保険」に加入しています。サラリーマンであれば会社を通じて「健康保険」に加入しており、毎月のお給料やボーナスから健康保険料が引かれています。それによってサラリーマン本人は「健康保険」の被保険者として保障が受けられるほか、被保険者に扶養されていて一定の要件を満たした人(妻や子どもなど)も、被扶養者として保障が受けられます。

現在のところ、被扶養者が何人いても保険料の上乗せはありません。自営業やフリーターなどが加入するのは、市区町村が運営する「国民健康保険」です。「国民健康保険」の保険料(自治体によっては国民健康保険税)は、給付にかかる費用や国庫負担などを考慮し、市区町村が独自に決めています。

結婚相談所で出会う男女

男性であれ女性であれ、家事をすることが誰かの真の理想であるとしたなら、誰かとは子どものことであると思う。育児も家事なのだから、子どもは育児をしない親とはそもそも接触する機会がなく、そういう親に子どもは愛着の持ちょうがない。育児の中には、料理、洗濯、掃除、看護等家事全般が納まっている。

子どもを産み育てることは、だから人生の一大事なのである。娘はよく父親に似た人と結婚するというが、一方で父親など大嫌いという娘もいる。いずれにしても父親は娘の男性を見る基準になっている。そして、娘が父親を見る目は、母親の目によってかなりの程度規定されている。

「母は結婚する時、理想通りの相手を選びました。学歴・身長・経済力・ルックス・優しさ。しかし、母の結婚が理想通りだったのは、結婚当初だけだったのです。子どもが生まれ、怒濡の子育てが始まった時、母は理想だけでは足りないことに気づいたのです。

それは家事の手伝いが求められないということです。お金にならない無償の仕事が父にはできないのです。経済力で相手を選ぶのは間違っている。必要なのは対等性なのよと、母はいつも私に言います」別の学生はこう書いている。「結婚からが本当の人生。これが、母の教えてくれた言葉。子どもが生まれると、子どもと夫のことでいっぱいになってしまう。

自分の時間など少しもないのだ。結婚こそが幸せそのもので、結婚がゴlルだと思っている私に、母は、だからあなたにはまだ結婚はできないと言うのです」娘は、父と母がどれだけの責任を以て「本当の人生」に臨んでいるかをちゃんと見ているものである。

「私の母は温室育ちのお嬢様で、品は良く椅麗だが、お嬢様だから料理・掃除が本当にできない。晩御飯をケンタッキーにしたりする。私は妹と二人姉妹なので、父は私たちを母のようにしてはいけないと、自分の部屋の掃除をきちんとしてくれと、お願いというかお祈りのように言っています。父は背が高くてとてもかっこいい真面目な人です。

頑張って働いて帰ってきても、ご飯は粗食だし、部屋は汚く狭い空間になっています。父は私たちにお箸の使い方から行儀全般まで教えてくれました。小学校の授業参観も父の担当でした。父はとても責任感が強く、私たちが成長するにつれ、話し合いをする時には、感情的にならずにあらゆる選択肢を提示してくれました。

私が悩んでいると、そんなことは重要じゃない、健康に生きてくれることが大事なんだ、女の子は顔じゃないと言ってくれます。どうして母が父のような人をゲットできたのか、私たち姉妹にはとても不思議です。私は背が低くかっこよくなくても、父のような人と結婚したい。父と母は友人の結婚式で知り合ったらしいのですが、私はその席順を組んでくれた友人にどれほど感謝してもしきれません。

結婚相談所 オーネット

結婚相談所のカウンセラー

女性もそうでしょうが、男は、けなされることに敏感です。少しでも自尊心を傷つけられると、親の仇のような反応をします。ほんの軽い冗談のつもりで、「バカねえ」と言ったところ、「パカとはなんだ!」と噛みついてくる男もおりますので、ネガテイブな意味あいを感じさせる言葉は、控えておくのが無難でしょう。

もともと、男のほうが、怒りっぽいところがありますから。イギリスの人間関係の専門家であるベン・レンショーによると、私たちは、生まれてから四歳になるまでに約3万回、ホメられたり励まされたりするそうです。しかしまた、約お万回もけなされたり、パカにされたりするそうです。

8倍以上も、文句を言われて育つのです。だからこそ、私たちは、自分への悪口に敏感になるのです。男にとっての「イイ女」の条件は、決して自分をけなさない女性のことです。もちろん、結婚したいと思うのも、けなさない女性のほうです。

男が悪いことをしたときに、「たしなめる」のはかまいませんが、皮肉なニュアンスが伝わらないように気をつけましょう。では、男が悪いことをしたときには、どうするのがいいのでしょうか。

結婚相談所では、「ホメること」を挙げています。ホメながら語るのです。こうすると、たいていの男は聞いてくれます。たとえ変わってくれないとしでも、少なくとも不愉快な気持ちにさせることはありません。

「あなたは、全然話を聞いてくれないのね」ではなく、「私に関心を持ってくれるときのあなたが一番好き」と言いましょう。これなら、男も言うことを聞いてくれます。あなたの希望を伝えるのです。結婚相談所で希望や願望を伝えるのは、決して、失礼なことではありません。あなたが本当に望んでいることですから。素直な気持ちを彼氏に伝えてみてください。もちろん、それが伝わらなかったからとしても、怒らないようにしましょう。

「聞いててくれれば、もうけもの」ぐらいの気持ちがいいと思います。「なんで大きな声出すのよ」と言わずに、「落ち着いて話をしたいんだけど」と希望を伝えましょう。「お酒飲みすぎじゃない?」と言わずに、「お酒を飲んでいないあなたのほうが、カツコイイ」と話してあげましょう。「浮気してるんじゃないの?」となじるのではなく、「ウソついてほしくないな」と伝えましょう。

いこじから皮肉っぽい言い方をすると、かえって男というのは、依佑地になって、自分の殻に閉じこもってしまうところがあります。突然、キレることもあります。それを防ぐためには、なるべく落ち着いた声で、あなたの希望を伝えればすむのです。

結婚したい40代の女性たち

「愛がなかったら、結婚なんて、できないわ」女性の多くが、そんなふうに答えるでしょう。男も、そうです。ある心理学者が、「あなたは愛情のない人と結婚できますか?」と聞いてみたところ、加%以上が、「いいえ」と答えたそうです。

愛情がなければ、結婚できないというのです。しかし、相手が好ましい人間であるなら、今は愛していなくとも、そのうち愛せるようになります。その意味でいうと、だれかに求愛されたときには、一応は、その相手とデートしてみるのが、正しい人間のあり方だと思うのです。

結婚相談所の間では、伝統的に「恋愛結婚」というものが許されていません。愛情など関係なく、結婚が決まるのです。みなさんは、そういう社会が信じられないでしょうね。

なんとなく、不幸な人たちだと思って、そんな社会で自分が生まれなくてよかった、などと思うかもしれません。しかし、アメリカのある人類学者が調べたところ、アボリジニの女性の皆さんは、とても幸せに、きわめて安定した結婚生活を送っておりました。

恋愛結婚の結果、2組に1組が離婚しているようなアメリカ社会のほうが、どこか夫婦仲がギクシャクしているのも、皮肉なものです。オーストラリアのアボリジニでは、自由な選択ができない結婚をしていますが、十分に幸せでありうることが証明されています。

かつて日本でも、父親が勝手に結婚相手を決めるという風習がありましたが(今も若干あります)、だからといって、不幸になるわけではありません。なぜ、アボリジニは幸せになれるのでしょうか。それは、結婚に対して、大きな期待を持たないからです。

結婚相手に対しても、先入観を持たずに接することができます。その結果、お互いに信頼できるようになり、その信頼さえあれば、まともな人間同士なら、必ず幸せになれるものなのです。

「案ずるより産むがやすし」といいますが、ヘンな期待や先入観をもたずに結婚してみると、なんだかんだいっても幸福になれます。曇りのない目で、男の人を見てみましよう。愛情なんかなくとも、結婚したら、なんとなく幸せになれそう、という男の人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

アメリカの結婚問題の専門家ウィリアム・レlデラlは、こう言っています。「愛情があると、いい関係が生まれるのではありません。いい関係があるからこそ、愛情が生まれてくるのです」なるほど、たしかにそう言えるかもしれません。

いい関係を作ろうとしていれば、おのずと愛情が生まれてくるものなのです。この順番を間違えないようにしてください。お見合いをしたとき、友人に紹介されたときなど、最初から男性へ愛情が起きるなんてことは、ありえません。

「あなたには、ピピピッと感じるものがなかったから、つきあえないわ」などといっていると、そのうちだれにも相手にされなくなってしまうんじゃないでしょうか。彼氏にプロポーズされたとして、本当に結婚していいか迷っているときも、「愛情」を第一に考えてはいけません。くりかえしますが、彼を尊敬できるかどうか、彼を信頼できるかどうかなどについて考えてみたほうが、ずっと幸せになれるでしょう。

結婚相談所で初めてお見合い

もしあなたの彼氏が、きわめて一目ぼれしやすいタイプだとしたら、ちょっと危険ですよ。なぜなら、自分の勝手なイメージであなたを愛してきで、しばらくすると、「そんな女とは思わなかった」といって、去っていくかもしれませんから。

心理学には、「一目ぼれしやすい男は、自分勝手」というルlルがありますので、よく覚えておいてください。一目ぼれする男は、決して現実の、ナマのままの女性を好きになるのではなく、自分が思い込んだ女性を好きになっています。

「こういう人に違いない」という勝手な思い込みで愛情を示すわけですから、たまったものではありません。相手をみて一瞬にして恋に落ちるのが一目ぼれですけど、目に入った相手を脳が知覚するまでのスピードは、最短で0・04秒から0・3秒。こんな時間で恋に落ちるわけですから、相手がパートナーとしてふさわしいかどうかなど、判断できるわけがありません。

空の雲を見ると、動物に見えたり、人間の顔に見えたりすることがありますね。天井のシミをみて、食べ物に見えるかもしれません。「一目ほれ」もそれと似ています。だれでも心の中に理想のイメージというものがありますから、その理想のイメージを相手の中に見出してしまうのです。

たとえば、ある男の人がいて、その人が小さい頃には、とても親切にしてくれた近所のお姉さんがいるとしましょう。そのお姉さんと、口元や目元、あるいは声などが似ている女性にどこかで出会ったとすると、彼は、昔の記憶を思い出し、「この人も、あのお姉さんと同じようにやさしい人なのかもしれない」と思い込みます。これが一目ぼれの基本的なメカニズムです。

ます。もちろん、その人と近所のお姉さんは別人なわけですから、性格もまるっきり違います。ですので、男はその違いに気づいたときに樗然として、「そんな女だとは思わなかった!」と怒り出すのです。

自分で勝手に間違えたクセに、それを女性の責任だとするんですから、まったくひどい話です。「あなたこそ、僕が求めていた理想の女性なんだ」と男に言われたら、「いいえ、あなたが見ているのは本当の私じゃなくて、あなたの理想の女性でしょ」と答えましょう。

まだ、深く知り合っていないのに、早急に、あなたのことを「○○の女性」と決めつけてくるような男は、たいてい自分勝手な思い込みが強く、独善的な男ばかりです。

そういう男とつきあうと、理想の女性にしようとして、あなたに無理難題を持ちかけてきますから、疲労するだけです。お互いに一目ぽれで、そのまま結婚というケlスは、現実にはほとんどありません。お互いによく知り合ってから、徐々に、相手のすべてを好きになる、というふつうのプロセスのほうが、結婚にむすびつきやすいのです。